ペットシッターをしてます。我が家のペット達と飼い主探しの預かりっこの日々をつづっています


by kikutamarico

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
my family
タイソン&ジェイソン
ルンバ
未来
KARA
ちゃま
希 のぞみ
ねぎま・きむち・くっぱ・かるび
太郎丸
うずまき&つむぢ
うに
デビ娘
CJ
つよし
ぽにょ
ハリー
ジョー&あきこ
こま

ムーミン
スピカ
ムーン&ミュー
サン
ラスティー
ジャスミン&ネロリ
コンブ
チータン&ミータン&玉緒
大介&恵
パック&ボロン

動物愛護
おでかけ
腎臓病
手作りごはん
トレーニング
迷子
老犬介護
独り言
天天

最新のコメント

大変ご無沙汰しております..
by ぼろん を頂いた 岩井です! at 13:30
土佐犬は確かに力が強いで..
by niwanokatasumi at 08:40
行政に違法行為が数点有り..
by 空 at 11:16
闘犬は、人間にとって、ど..
by 峰田はるか at 15:52
TVで土佐犬がライオンと..
by ayaino at 04:25

以前の記事

2017年 10月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 01月
2003年 12月

フォロー中のブログ

Islay and Pa...
Clover searc...
垂れ耳立ち耳奮闘記
Dute 僕の毎日 
Paw Photogra...
ysm
女性犬ぞりマッシャーの日々
犬と楽しむスローライフ

記事ランキング

ブログジャンル

犬
ボランティア

画像一覧

KARA天国にいきました


a0126743_1283944.jpg


皆さんに悲しいお知らせがあります。

わが家の預かりっこのKARAが8月10日、虹の橋を渡りました。

気持ちの整理がつかず、ご連絡が遅くなりました。本当に申し訳ありません。
a0126743_1121236.jpg





その日、仕事から帰り車を停めると

いつも大きな声で「早く私のところに来て」と

しつこく要求吠えしていたKARAの声が聞こえません。

嫌な予感がして焦ってドアを開けると、玄関でKARAが倒れていました。

発作が起き、体温があがり熱中症になり、もう虫の息でした。

朝はハイテンションでご機嫌だったKARAの変わり果てた姿・・・・

急いで病院に連れていきすぐに処置してもらいましたが

10分ともたず呼吸が止まってしまいました。

「KARA戻ってきて、まだ行かないで!!!」そう話しかけましたが

私のKARAは遠くに行ってしまいました。

もう1時間早く家に戻れれば、

今もKARAが私の周りで笑顔を振りまいていたかもと考えると

悔やんでも悔やみきれません。ごめんね。KARA。
a0126743_1124170.jpg
沢山のお花ありがとうございました。



KARAはクレートやサークル、部屋に閉じ込めると

パニックから発作が起きるので、留守時の管理が非常に難しく

24時間つきっきりで看護しなければ、安全を守ってあげれない犬でした。

それでもこんなに早く突然のお別れなんて、

心の準備なんて全然できてなかったよ。KARAちゃん。

発作時に発作を止める新薬の頓服薬も見つかっただけに

残念で仕方がありません。

ただ日常の発作の頻度をさげる事は、薬ではまだできていませんでした。

毎日の抗てんかん薬の量を調整している最中でした。
a0126743_1144016.jpg




KARAとの生活は本当に大変だったけど、毎日沢山笑かしてくれたよね。

あんなに煩わしくって、腰ぎんちゃくで、乱暴で、自分勝手で

何一つこちらの言う事覚えない犬、見た事なかったよ。

唯一無二の存在だったKARA。

最高に可愛かった。大好きだよKARA.

台風のように私達を巻きこんで、あっと言う間に駆け抜けてしまったね。

うちの犬達のお散歩後の足ふきでさえ、一筋縄ではさせてくれない犬なんて

たぶん一生会えないと思います。

足を拭いている間、KARAがタイソンのお腹を潜ったり、前足の間から尻尾に抜けたり(笑)

タイソン達の足を拭くたびに思い出して泣けてきます。



私はKARAほど生きる喜びに満ちた犬を知りません。

KARAがどんなに生きる事を、一瞬一瞬を楽しんでいたか、皆さんにもっとお伝えしたかったです。

KARAの一生は1才にもなれず短かかったけど、

食べる時は食べる事に120%、おもちゃを渡せば遊ぶ事に120%

a0126743_1152559.jpg


ドッグランに連れて行けば、最初から最後までとどまる事なく走り

a0126743_116481.jpg


私が帰れば千切れんほど尻尾を振り、飛びあがって喜び

何度も何度もジャンプして、私が座れば助走をつけて飛びかかって肩に飛び乗り

ほんとひとときも一人にしてくれず煩わしかったけど(笑)

a0126743_1171889.jpg


トイレに行っても、キッチンに立っても、お風呂に入っても、寝る時も

どこでも毎日KARAと一緒だったよね。

まるで「私の事忘れちゃ絶対にダメだよ」って言ってたみたい。

部屋のどこに居て、何をしてもKARAを思い出してしまい、当分は淋しいです。




KARAがうちに来た時から、写真を辿ってみました。

しょぼくれた犬だったのに、花がゆっくり咲くように

飛びきりの笑顔を見せるようになったよね。

みんなKARAの笑顔が大好きだった。

これからも笑顔のままで天国から見守ってくださいね。

また絶対会えるよね?KARA?

それまで虹の橋のたもとでゆっくり休んでいてください。

KARA本当に本当にありがとう。気をつけてね。

天国にはみんないるから、心配しなくて大丈夫だからね。

じきに私も行くから。待っていてね。

a0126743_1211534.jpg


a0126743_1195850.jpg


a0126743_1193385.jpg


a0126743_1245691.jpg


a0126743_244118.jpg


a0126743_248828.jpg


皆さん今までKARAを応援してくださって、ありがとうございます。

そしてご寄付して頂いた皆さん、ご寄付があったからこそ、

満足のいく医療を受けさせる事ができました。本当に感謝しています。

親身になって心配してくださった先生方、KARAの発作が深夜に出た時などにも

快く対応して頂いて心強かったです。本当に感謝しています。

大学病院の先生方、最後にKARAにあったお薬を見つけてくださって

本当にありがとうございました。

今後ともKARAのような病気の子達を沢山救ってあげてください。

どうしてもKARAを連れて行く事ができない時に、何処にも預ける施設が無かった中

預かってくださった友人にも感謝でいっぱいです。

心が折れそうな時に相談にのってくれた、友人にもこの場を借りてお礼を言いたいです。

皆さん、本当にありがとうございました。

KARAに代わってお礼申し上げます。

a0126743_1274923.jpg





収支報告はまた近いうちにさせて頂きます。

残った寄付金はご寄付頂いた方の了承を取り、センターの犬猫達に使わせて頂く事になりました。

by kikutamarico | 2011-08-25 02:10 | KARA | Comments(6)
Commented at 2011-08-25 23:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kikutamarico at 2011-08-31 00:54
鍵こめさま
お返事遅れてごめんなさい。
KARAの事沢山応援してくださって、本当にありがとうございます。
私は思いのほか元気に暮らしています。
食べ物も食べれるし、夜もよく眠れます。
でも時間の感覚だけ、どうもおかしく
KARAがいなくなって、すごく時間が経ってしまったような
本当に変な感じです。
天国があるって信じたいですよね。
そこで待っていてくれるって思えたら本当に楽なのに。
KARAからこれからも沢山の学びがあると思います。
鍵コメさんにもKARAちゃんありがとうって
きっと言ってます^^
Commented by daisuke at 2011-09-01 16:27 x
こんにちは。
本当に久しぶりにこのブログを見させて頂きました。
息を飲む様な出来事があったのですね。maricoさん、お疲れ様です。
KARAちゃんの動画を見て、このような病気があることを知り、
胸を痛めました。正直、これでは生きているのはつらいのではとも
思いましたが、思い切り遊ぶ表情、生きていることをこれだけ表情
いっぱい、動きでいっぱい表現できる素晴らしさ。
亡くなってしまったのは残念ですが、きっとmaricoさんには
「ありがとう」と心からKARAちゃんは言っていると思います。
また、maricoさんも精一杯、KARAちゃんのお世話をされたこと、
大変尊いことと思いました。お疲れ様でした。
Commented by kikutamarico at 2011-09-01 22:16
daisuke さま
コメントありがとうございます。
KARAの発作は脳神経科の専門医にも、重度の発作で
前例を見た事が無いと言われました。
何度も安楽死も考えましたが、
元気な時の生きる事を楽しむKARAを見て
彼女は生きたかったと思います。
あまりにもパワフルで大変でしたが^^
それだけに思い出を沢山残してくれました。
ありがとうって私がKARAに言いたいです。
そして応援してくださった皆様にも、本当にありがとうって伝えたいです。
KARAから沢山の学びを頂いたと思います。
これからもずっとKARAと一緒に生きていくと思います^^
Commented by tako at 2012-10-02 18:01 x
はじめまして。
きっかけは忘れましたが、私がKARAちゃんのことを知ったのは1年半位前だったと思います。
何とか力になりたいと思いましたが、私自身に出来ることは何もないのもわかっていました。
そこで、無断で申し訳なかったのですが、私のブログで紹介してみました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tako_1949/25400485.html
でも、これで満足してしまって、それ以後、こちらに伺うこともなくなってしまい、今日、本当に久しぶりに来てみて,KARAちゃんの死を知りました。
私がブログに載せた1ヵ月後には亡くなっていたのですね。
あまりに遅すぎるといえば遅すぎますが、KARAちゃんのご冥福をお祈りします。
これだけの大きな障害を持った子の面倒を見るのはさぞ大変だったと思います。でも、障害を持った子というのは、その分、私達人間に与えてくれるものも大きいような気がしています。
大したゲスト数もない私のブログですが、ご迷惑でなければ、また一連の経過を紹介させていただきたいと思うのですがいかがでしょうか。
Commented by kikutamarico at 2012-11-16 05:31
takoさん
お返事遅くなってしまい申し訳ありません。
KARAを亡くして、そしてまた脳障害のルンバを保護して
なにかKARAが伝えたかった事があるのでは?と思います。
KARAはずっと私の中に生きています。
KARAを気に止めてくださってありがとうございます。
今度はルンバを応援してくださいね。